« 渡る世間 | トップページ | かけそば・もりそば »

2017年6月 7日 (水)

瀬戸物のルーツ

将棋界の若き天才、藤井聡太四段の連勝記録が話題になっています。
今日にも23連勝の可能性あるようですがムッチーが注目したのは出身地の愛知県・瀬戸市です。「瀬戸物」(せともの)という名称は古くからの地名である「瀬戸」に由来してるようです。若いころのムッチーは麻雀三昧で課業中に居眠りばかりしていたので左遷されたのが愛知県・小牧基地の管制隊でした。管制業務は運輸省の航空局で名古屋空港が担当だったが当時の主力戦闘機はF-86Fで瀬戸市には航法援助器材として無線標識所がありました。その保守・管理が部隊の任務でした。名前は「瀬戸ホーマー」と称して山の中に発信機のタワーとバンガローがポツンとある感じで3泊4日のローテーションで勤務しました。まだ 水道もなく食料と風呂の水まで持参して上番していました。仕事は機材が勝手にしてくれますので任務はテレビの番だけですから無線整備員でないムッチーでも戦力になりました。特に夏の高校野球の時期は自分から手を挙げて勤務割に入れてもらいました。それから外線電話もロハで親や知人に掛け放題なので魅力がありました。タケノコとキノコは豊富で採り放題でクマとは一回も遭遇しなかったのが不思議でした。45年ほど前の出来事ですが藤井君のお陰で懐かしい瀬戸の山野を思い出してます。
先ほど藤井君は21連勝との知らせがありました。

.当時のアイドル

 

« 渡る世間 | トップページ | かけそば・もりそば »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 渡る世間 | トップページ | かけそば・もりそば »