« 御学友 | トップページ | ランウェイウォーク »

2017年5月22日 (月)

八百長試合

才能とか能力とかいいますが違いが正直よくわかりません。
なんとなく頭を使うか身体を使うかの違いなのかとそんな感じで考えていました。昨日はボクシングWBA世界ミドル級王座決定戦で誰が見ても勝ったと思った村田諒太の「不可解敗北」には驚きました。WBA会長が激怒しているようにレフリーに裏金が渡ったような八百長試合でした。また WBO世界Sフライ級王者の井上尚弥は5度目の防衛で見事なKO勝ですから文句が付けようがありません。ボクシングは判定競技なので村田選手のようなケースが時々あります。超一流処は才能とか能力に差がなくレフリーのさじ加減一つですから応援するほうはストレスが溜まります。その点 陸上競技は時計の争いですから見てて納得できますからスッキリ受け止めることができます。例えば
五輪で100M走のボルトなどを見るとヨーイドンの勝負ですから完全に能力が違う印象を受けます。しかし うむを言わさぬ身体能力の差ですから陸上短距離は本来日本人には関係の無い世界なのかも知れません。才能となると「絵画 音楽 文筆 囲碁 将棋」辺りで麻雀になるとイカサマが入りますから身体とは関係の無い能力も必要なのでしょう。才能は小さい頃に煽てられて発見することも有るのでしょうが埋もれたままで終わって逝く人が殆どかと思います。才能が有っても勝負弱い人はそちらの能力が無いのでしょう。もちろん断然の才能が有れば勝負弱さは消されるので問題は無いのですがアマ・クラスの領域での話しではほぼ同じくらいの才能でしょうから敗退する人はやはり勝ち抜く能力が無いことになりそうです。勝負は時の運などと言いますが博打で年中負ける人とそれほどは負けない人がいるのはその博打に適応する能力の差が有るのかも知れません。ここでは八百長とは関係なさそうです。
.

.

« 御学友 | トップページ | ランウェイウォーク »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 御学友 | トップページ | ランウェイウォーク »