« 近くて遠い | トップページ | 金の卵 »

2017年2月 4日 (土)

牛メシ

1964年の東京オリンピックは中学2年生(13歳)でした。
親父が東京に出稼ぎに行ってまして東京サ初めて行った年でした。お決まりの夜行列車「津軽2号」でしたが予算の関係でB寝台は買えず普通席で12時間ほど揺られ上野に着くころにはケツが痛くて寝不足で歩くのもフラフラでした。人生初めての東京ですから遊園地にある「おもちゃの電車」みたいに感じた山手線と普段見たことないビルディングに押しつぶされるようでした。とにかくどこに行っても人・人・人だかりで圧倒された記憶がありました。定番のはとバスを乗りましたが記憶に残っているのは東京タワーから見た関東平野の広さとアメ横の屋台で食べた「牛メシ」の美味さでした。まだ吉野家の牛丼がなかったころでした。これだけは一生忘れられません。その後自衛隊に入り関東エリアで30年ほど仕事することになるとは夢にも思いませんでした。最初に上京してあれこれ53年経ちましたが2020の東京オリンピックで何に目を見張るのか楽しみです。
 
あの頃流行っていたヒット曲
 
 

« 近くて遠い | トップページ | 金の卵 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 近くて遠い | トップページ | 金の卵 »