« もっと前から | トップページ | ダンボール箱 »

2017年1月23日 (月)

泣けてきた

誰よりもつらい思いを続けていた稀勢の里に「やれ ノミの心臓だとかチキン男」などと言いたい放題しながら期待していたムッチーですが稀勢の里の涙のインタビューを見て本当に泣けてきました。ダルマさんのような七転び八起き人生がダブるようです。無責任で身勝手なファンの何百倍も悔しい思いをして失望してた時 応援しない薄情男でした。しかし 不屈にもその度に立ち上がり手抜きをすることもなくひたすらおのれの力を信じて長い時間挑み続けてきたのです。きっとそんな姿をずっと天から誰かが見ていたのでしょう。期待しないふりをした自分が何だかとても恥ずかしくなりました。横綱になっても腰高と脇の甘さを突かれて苦労する姿は消えないでしょうけどこれが稀勢の里の魅力なのだと思えばいいのです。不器用で愚直な生きざまは津軽・浪岡町出身の隆の里親方(津軽のべゴ)の教えのような気がします。へば !
 
祝い船

« もっと前から | トップページ | ダンボール箱 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« もっと前から | トップページ | ダンボール箱 »