« えりりん健在 | トップページ | 平凡な作家 »

2016年9月22日 (木)

もう 秋

2敗で綱渡り状態だった稀勢の里がライバル豪栄道に負けついに綱から落ちてしまいました。
この力士はまだ優勝もないのになんで横綱昇進の話が出るんでしょうか?不可思議な話です。これまでの勝負弱さを見れば期待するほうが無理でしょう。腰高で稽古相手は自分より弱い相手ばかりでおまけに出げいこ嫌いでは現状維持が一杯でしょう。弱い奴が横綱になったところで引退を早めるだけです。師匠は田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)とのことですが現役時代で知っている人も少ないでしょう。平幕だった人が大関を指導をするのも大変かな 野球やサッカーなら監督を代え変身も期待できるが相撲の世界では難しいようです。稀勢の里のかすむ「綱」に言葉失いました。かえって弟弟子の高安のほうが横綱になるのが早そうな気がします。季節は もう 秋です。ん・だ・ば・
 

 

« えりりん健在 | トップページ | 平凡な作家 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« えりりん健在 | トップページ | 平凡な作家 »