« 王手 | トップページ | 昼飯 »

2016年9月10日 (土)

座頭市物語

パラリンピックの表彰式を見ているとオリンピックより感動の量が多いような気がします。
不自由な体でよく頑張っているなぁと頭が下がる思いです。五体満足で暮らせる俺は恵まれているんだなぁとつくづく感じさせられます。昔はパラリンピックの放送はされなかったので障害者について意識始めたのは盲目の侠客を演じた「勝 新太郎の座頭市物語」かなと思ってます。当時は「めくらの市さん」で大変な人気映画でしたが今では「めくら」の言葉自体 差別用語になり放送用語禁止になっているようです。他にも知らないで日常会話で使われているものがありますので配慮したいものです。
 
肉体的、精神的侮蔑の言葉
めくら 視力障害者、目の不自由な人
つんぼ 耳の不自由な人
あきめくら 字の読めない人、文盲
おし 口の不自由な人、聾(ろう)者
どもり 言語障害者、吃音
びっこ
ちんば
いざり
足の悪い人、足の不自由な人
かたわ 身体障害者

« 王手 | トップページ | 昼飯 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 王手 | トップページ | 昼飯 »