« 冷やし中華 | トップページ | 学歴より人間力 »

2016年6月14日 (火)

おんなのブルース

藤 圭子は売れる前には新宿で修業として流しをしていたそうです。お客のどんなリクエストにも応えないといけないのでメロディーからコードを割り当てその場で弾き語りたくさんの苦労があったそうです。北島三郎も五木ひろしも流し時代に基礎を作ったと言ってました。おんなのブルースはなにかを教えてくれます。

どこで生きても風が吹く、
どこで生きても雨が降る、
何処で生きてもいつか散る。
人生は辛く厳しいものです。

人生はこんな繰り返しなんでしょうネ
 

« 冷やし中華 | トップページ | 学歴より人間力 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 冷やし中華 | トップページ | 学歴より人間力 »