« 波状攻撃 | トップページ | それが大事 »

2016年4月17日 (日)

ボランティアのプロ

先ほどNHKの日曜討論であのねのね「赤とんぼの唄」で知られる清水国明さんが熊本地震について語った。建前ばかりの御用教授とか評論家の中で一番説得がありパンチがきいていました。特に気に入ったのは災害対策本部長は何も知らない総理がなんで指揮を執るんだまったく意味がない。かえって無駄な手間暇ばかり多く効率が悪く危機管理のプロのほうが痒いところまで手が届くので任せた方が頭の固い連中よりマシであるとか 仮設住宅よりトレーラーハウスやドームハウスが被災者が望んでいるのに前回の東北大震災の教訓が生きてないと無能な行政や役人どもに注文つけていた。仮設住宅はいくらカネかけても仮設であり被災者はやがてひと段落したときに家が必要なのであって最終的にはお金が欲しく義援金より支援金が欲しいのは当然です。支援物資の衣類や食料をいくらたくさん積まれてもそれは一時の気休めであって考えてみれば至極当たり前のことです。清水さんは本当のボランティアのプロなのかも知れません。勉強になりました。



« 波状攻撃 | トップページ | それが大事 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 波状攻撃 | トップページ | それが大事 »