« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月の記事

2016年3月31日 (木)

サムライ

第88回選抜高校野球大会は智弁学園(奈良)が延長戦の末、2―1で高松商(香川)にサヨナラ勝ち、春夏通じて初優勝を飾った。両軍とも鍛えられた好チームでとてもレベルが高く実力が均衡した試合で楽しく観戦させてもらいました。特に智弁の監督さんの目の鋭さはテレビからも迫力が伝わるほどでした。あの勝負師の目が気に入りました。久しぶりにサムライを感じさせる人に出会った感じで感動しました。これまで宗教関係の学校はあまり好きでなかったが辯天宗(べんてんしゅう)は高野山真言宗からの流れを汲み枝分かれした新宗教とのことで偏見は無用でした。これから応援します。

2016年3月30日 (水)

羊が一匹、二匹、……

春眠暁を覚えずの季節になりました。
しかし ムッチーはなぜか 
近頃 羊が一匹、二匹、……と、数える日々が続きます。サンデー毎日なので堕落した日常がいけないようです。そろそろゴルフ練習でも再開します。

能代カントリー2番ホールから眩しい白神山地 

Img_0797

2016年3月26日 (土)

愛ちゃん結び

最近 靴ひもの愛ちゃん結びが流行っているようです。
簡単!ハイスピード❗ほどけない❗と、アスリートの常識だそうで運動靴にはピッタリです。効果抜群ですからお試しください。

 

津軽海峡

北海道新幹線の一番電車が出発しました。
トンネル工事関係者の苦労話を聞いているとなぜか目から熱いものがこみ上げてきます。ムッチーが初めて函館に行ったのは中3の修学旅行でした。その前の年は天候不順で作物ができなく北海道が困っていると聞いた生徒会の発案で米農家の人を中心にコメを持参寄付したことを思い出します。翌日の朝 宿泊先の湯の川ホテルで見た北海道タイムス新聞は大見出しで「秋田の感心な中学生」とか書かれた記事が載っていました。半世紀たった今になって思い出すのは津軽海峡の青函連絡船とあの新聞記事だけです。お疲れ様でした。

2016年3月25日 (金)

的中率0%

早いもので、今年もこの季節がやってきましたで予想します。

パリーグ
1位:ソフトバンク
2位:日本ハム
3位:西武
4位:ロッテ
5位:オリックス
6位:楽天

1位:ソフトバンクで堅そうです。
ビリは楽天 梨田新監督の手腕には期待ですが駒が不足です。

セリーグ
1位:読売
2位:阪神
3位:ヤクルト
4位:広島
5位:横浜
6位:中日

賭博問題で揺れる読売がやや優勢か阪神も金本新監督に元気あり期待したい。

61fduksqb8l__sx352_bo1204203200_









函館の女

Main_hokkaido
Hokkaido_time

明日から北海道新幹線が開業です。

4年ほど北海道・千歳で勤務経験ありますので楽しみですが欲言えば札幌までの延長が待たれます。

2016年3月23日 (水)

歌は親友

この頃フォークソングとグループサウンズが懐かしく感じています。
高校時代は近所の仲間とバンドを作っていました。ムッチーの希望はメインボーカルでしたが残念ながら民謡で鍛えたホンモノがいたのでセカンドにまわり最終的には打楽器のカスタネット担当なりましたがあの熱い気持ちは何だったのかいまだに分りません。正直 楽器そろえるのも一苦労でしたが教官は市販のレコードで表はA面 裏はB面 現在は裏がなくCDと言うそうですが次はEFの文字が予想されます。残された時間は長くはないかもしれませんがムッチーは歌に癒されてます。

茶封筒

最近 プロ野球の話題の半分は賭博記事です。
お国が認めている公営競技は「競輪 競馬 ボート オートレース」です。総称 プロフェッショナルスポーツと呼ばれていまして日本人で遊んだことのない人はいないでしょう。そして認められていないのは「
賭けゴルフ 賭け麻雀 賭け野球 賭けボーリング」などですが賭けようと思えばなんでも対象にします。ムッチーも身に覚えがありましてあの「賞金の入った茶封筒」が、大好きで握らないで遊ぶのは相当難しくほとんどの人は違法と知りつつ少額を賭けて遊び公然の秘密となっています。最近は手を洗いましたが昔は警視庁のお巡りさんと内緒で遊んでいたこともありました。ギャンブルの一番人気はパチンコですが今では全盛時の3分の1に減り業界もあぷあぷして風前のともしびと聞いています。それにしても
 巨人の選手は暇なのか相当好きですネ 

 

2016年3月22日 (火)

本格化

琴奨菊の横綱はないと思っているので昨日の負けに驚きは感じません
勝負ではマグレ勝ちの番狂わせで目からウロコが落ちるとか突然覚睡したとかの言葉を使うことはあるが
急に強くなることはあまりないような気がします。今場所の稀勢の里は好調だがノミの心臓だけに後半まで持たないと思いますが密かに予想を裏切ってもらいたいと願っています。これまでの稀勢の里は今の3横綱が得意とするセコさやズルさがなく勝ちに執着してない感じだったが今場所は立ち合いの変化技を見せたり勝負に徹する姿勢が見られ本格化したような感じです。楽しみですなぁ。

2016年3月21日 (月)

卒業写真

今日は防大の卒業式だったようです。
現役時代に一度だけ隊司令と一緒に行ってますが会場には入っていません。誰もが気になるメーンエベント 帽子投げのその後ですが「大丈夫ハイテマス」じゃないけどあの帽子にはちゃんと名前が入っており1年生の大切な仕事になっているようです。
それだけですがなにか!

Bef12b71_640

2016年3月20日 (日)

ナハッナハッ

もう 終わったかなと思った「せんだみつお」が最近よくテレビで見かけるようになりました。新しいギャグでもヒットしてるのかと思いきやその気配などはなく相変わらず「ナハッナハッ」や、「せんだ偉い!せんだ偉い!」などと自分で自分を持ち上げるショボイギャグでやっているようです。この人は大日本帝国のサハリン樺太の真岡町生まれです。当時 敷香町で暮らしていたムッチーの親からは樺太の話はよく聞かされていましたので樺太がらみで親しみを感じていました。リアル人生においても多少のカラミがありました。ムッチーが防衛庁時代に代々木の服部栄養学校に通学する栄養士の内務班長だったころ学校のパンフレットにはなぜか有名人代表OBとして写真入りで載ってましてネタになりました。ムッチーはあのころは世田谷の用賀に住んでいまして砧公園の中にあったゴルフ練習場には土・日顔出しましたが不思議なことに「せんだみつお」と打席が前後なることが多く興味深く観察させてもらいました。ゴルフの腕前はハンディ30くらいでいつも頭を傾げていた印象です。いつも感じていたのは携帯電話がよく鳴り忙しない男だなぁと覚えています。もう再ブームは無理かと思いますが元気でいてほしい一人です。

2016年3月18日 (金)

菜の花

「暑さ寒さも彼岸まで」とのことでいよいよ春を感じるようになりました。
もう東京地方では桜の話題のようです。能代は春彼岸にお墓参りの風習がなく年配者に「なして?」と、聞いたら「雪で墓までたどり着けないから」と、聞いたことがありましたが最近は雪解けが早く大丈夫そうです。何となくお袋が気になりそして
花屋の菜の花も気になりました。

<

いいふりこき

『日本死ね』の大騒ぎで政治家なんか誰も本気で少子化を問題視してなかったことが分かりました。与党も野党も官僚も大風呂敷広げて綺麗事は言うけど実際にやるかと言ったら何もしない、それで国民が文句言ったら、国民との温度差に気がつかないで答弁したりヤジをとばすだけですから国民はやってられません。もはや誰がどこにどんな風に書いたかなんてどーでもいい話でこの事案でハッキリしたのは政治家や国会議員、官僚どもは世間で何が起き国民は何を望んでいるか、まるで理解していないって事でしょう。政治家が言う国民の皆様、国民の為、の全てが嘘でその場その場を取り繕うものでしか無かったのです。こんなことを秋田弁では「いいふりこき」と、言います。へば

2016年3月16日 (水)

雪崩

冬の八ヶ岳は経験ないが夏の赤岳には5年連続登っています。
昨日 阿弥陀岳で3人が雪崩に巻き込まれ女性1人が死亡2人が重軽傷の痛ましい事故があったようです。八ヶ岳は北八ヶ岳と南八ヶ岳に分けられていますがムッチーは南八ヶ岳のほうで主峰の赤岳をはじめ、横岳・硫黄岳・阿弥陀岳の
峰々でした。結構急峻な地形で夏は大したことはないが春のナダレの季節は熟練者でないとヤバい感じです。毎年犠牲者が出ますので無理のないように気を付けたいものです。部屋に飾ってある八ヶ岳の絵画をしみじみ眺めています。

202

どうせ

民主+維新=民新だそうです。
民主党の名前がいかに人気がないことを今更知ったようです。まぁ、政党ってのは名前じゃなく政策なんですが誰も期待していないでしょう。増税や無駄遣いの多い自民党も同じですが心無い安陪政権だけは早く終わって欲しい気がします。日本の政治はいつも言葉の頭に(どうせ)が付きますから情ナカバイ!
他にも例えば
どーせ馬鹿だからとか
どーせブスだからとか
どーせそう思ってるんでしょうとか
どーせ どうせと言われると、こっちの頑張ろう感が萎えてどうでもよくなってきそうです。

2016年3月15日 (火)

知らんぷり

昨日はホワイトデーとかであったので誰とあっても知らんぷりしていようと思っていましたが急に野暮用ができましていつもの薬局に顔出しましたら運悪く去年バレンタインでチョコレートくれた未亡人とバッタリ再会です。その年はお返しはしてましたので問題はないのですが今年はそんなやり取りはなかったのでなんとなく会話もギコチなく義理を欠いたようで参りました。そろそろややこしい行事は卒業する時期がきたようです。

2016年3月14日 (月)

巨人の星

何か不祥事があれば『李下に冠を正さず』の言葉が出てきますがプロ野球・巨人の森田清司総務本部長が選手が自軍の公式戦の勝敗を対象に現金のやりとりをしていたことを明らかにした。それは試合前に投手、野手がそれぞれ集まって行う円陣の中で「声出し役」を務めた選手に、試合に勝てば1人5000円が支払われ、試合に負ければ声出し役が各選手に1000円ずつを支払っていたようです。これは野球協約で禁止されている八百長につながるのではないかという指摘に対しては、森田総務本部長は「控えを含めたベンチ入り全選手が試合に積極的に関わっていこうという一体感、士気を高めるという意図もあったと聞いている」とし、「敗退行為とはまったく正反対の行為」と述べた。これを『李下に冠を正さず』と言うのに理解できていないようです。現実に試合で金銭の受け渡しをしているのが問題だろうに苦しい言い訳です。これでナベツネはジ・エンドでしょう。そしてこのままなら今年のセリーグは5球団で覇権を争うことになりそうです。

2016年3月13日 (日)

1秒差

「名古屋ウィメンズマラソン」結果

総合2位で日本人トップは第一生命 田中智美選手でした。時計は2:23:19で3位の天満屋 小原怜選手2:23:20との差はわずか1秒でした。リオの切符は1秒差で明暗を分けたようです。勝負の世界は厳しいものです。田中智美選手は性格がいいのか沿道から先輩の尾崎選手が走りながら応援してくれていたのを見て感動しました。人柄も良さそうなのでこれから日本のエースになりそうな気がします。

地元の2人

Img_main_pc_graderace_160308

さあ 名古屋ダービー 優勝戦です。

並びは

④三谷(奈良)-⑧川村(京都)-②村上(京都) 
⑨竹内(岐阜)-⑦深谷(愛知)-①金子(愛知) 
③新田(福島)-⑤岩津(岡山)        

⑥野田(福岡)           

近畿ラインも中部ラインも二段駆け体勢で先行争いは避けられず展開は漁夫の利で新田の捲り頃になりそうです。しかし  地元の2人を連れた竹内が自殺先行するなら新田の不発もあり深谷にもチャンスがありそうです。競輪は地元からで⑦深谷-①金子が本線でしょう。大穴なら名古屋得意な②村上兄から勝負したい。
 

村上の優勝でした。

2016年3月12日 (土)

継続はチカラ

去年の10月から1週間に3日を目標に汗を流してきましたが最近になり体型が少し変わってきたようです。ヨチヨチ歩きから速足も可能になり一歩前進と言ったところでしょうかわずかながらお腹も凹み体重も96㌔→90㌔になりました。ここのところ停滞期に入っていたのか体重計に動きがなかったがなんとか痩せる軌道に入ったようです。仲間から継続はチカラなりと脅されていますので頑張だけです。へば!

2016年3月10日 (木)

汚いヤジ

「保育園落ちた日本死ね!!!」のブログの件で国会内で汚いヤジを飛ばした自民党の平沢勝栄衆院議員が 「羽鳥慎一モーニング  ショー」のそもそも総研にノコノコ出てきてお詫びの言葉を述べたが全然反省の色が見えず見苦しいことに相手の話は聞かず一方的に自分の話をするだけでした。主婦の立場をいくらか理解しているならあんなヤジは出ないのであって苦しい言い訳でみっともありません。どこか無責任な総理の国会答弁に似てるなぁと思い調べてみたら実は総理の家庭教師だったことが分かり納得できました。空気は見えないから読めないのは無理もないがこんな人間達が仕切る日本に明日はなさそうです。

2016年3月 9日 (水)

アウトロー集団

昨年10月に発覚した読売巨人軍の野球賭博問題で「福田 笠原 松本」の3選手を巨人が解雇しNPBも3人を無期失格処分としたことで決着したはずだったが高木もやっていたようです。最初の頃3選手はいつも麻雀を楽しむと聞いていたので残りの一人も時間の問題だなぁと思っていたが4人が揃いなんかスッキリしました。先日逮捕された清原も現役時代に覚せい剤をやってたの証言があったり今回の野球賭博だったり読売巨人軍は暴力団顔負けのアウトロー集団だったようです。読売の代表で悪の根源ワンマン社長として有名な渡辺恒雄の責任は重く球団最高顧問の辞任だけでは足りないようです。日本社会から追放すべき人間だと考る人はムッチーだけじゃないでしょう。

2016年3月 7日 (月)

国民の声

日本死ねが国会でも盛り上がっているようです。
安倍首相が「匿名なので起こっていることを確認しようがない」発言やお粗末なヤジを飛ばした自民党議員の
「誰が書いたんだよ」などの無神経な態度に主婦は「一国のトップが、国民の声に耳を傾けないのは情けない」と、怒りが頂点に達したようです。」問題はそこかとズレてる国会議員に喝です。是非 次の選挙では棄権せずこの怒りを解決して頂ける代表を選びたいものです。

2016年3月 5日 (土)

ミス宮間

今日の中国戦でリオ・オリンピックは絶望です。
弱いから負けるわけで仕方がありません。これがスポーツという勝負の世界なのです。パスミスのオンパレードでキャプテンの宮間はいつから「ミス宮間」に、なっちまったんでしょうか?弱くなるのは早いものです。このままだと東京オリンピックも期待できそうもありませんので澤 監督にお願いするしかなさそうです。余りに情けない(なでしこ)でした。

2016年3月 2日 (水)

一発レース

福士選手は1月の大阪国際女子マラソンで日本陸連の定めた派遣設定記録2時間22分30秒を突破する2時間22分17秒をマークし圧勝したが陸連から「確定」を示唆する言葉がなかったことを理由に最終選考会の名古屋への出場を表明していたが結局参加を見送ることになった。当然ウラで陸連が動いたであろうと思うのでこれでほぼ代表が決まったカタチになった。これで駄目だったら日本陸連は役員の総入れ替えでしょう。日本も一発レースをやれば簡単な話だが問題はいつまでも残っている古い体制です。入場者収入がほとんど見込めない陸上競技はテレビやスポンサーがすべてであるためないがろしにできないがその使途は不明です。具体的にどんな形で選手の面倒見ているのか情報公開はしてないようです。あのサッカー界と同じだとは思いたくないがとにかく経験と実績で代表を決めるなら選考レースなんて意味がありません。オリンピックは日本陸連だけの私物ではありません2020年の東京地元開催の選考は1年前に同じ時期 同じ時間 同じコースで一発選考を期待します。どんな事情であれマトモに考えたら1発選考レースに照準を合わせられないランナーがオリンピックに照準を合わせられるとは思わないし体調管理も選手として当たり前なんじゃないかと思いますよ。役員も同じです。

2016年3月 1日 (火)

挑戦者

東京マラソンはつまらなかった。
招待選手はリオ・オリンピックの選考を意識したのか最初から安全運転に徹して日本代表としては相応しくない走りでした。その中でキラリと光っていたのは村山謙太選手です。
果敢にトップ集団と戦い挑戦者らしく闘争心にあふれた走りは心を揺さぶってくれました。途中から血豆がつぶれて実力が発揮できなかったようですが一番オリンピック精神を感じさせる走りで興奮しました。個人的には日本代表になってもらいたい頼もしい若者です。

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »