« 秀作ばかり | トップページ | 魂の叫び »

2016年2月25日 (木)

オヤジ界の帝王

アメリカの大統領選びはよく知らないがニューヨークの不動産王ドナルド・トランプ氏(69)が共和党の候補者指名争いで支持率首位を独走です。高慢 押しの強さ 遊びも女性関係も派手そうなイメージがあり まさに「オヤジ界の帝王」と評価されているようです。
どこが?となりますが支持者は「
彼は口だけじゃない。実行する人間だ。選挙の時だけ地元に帰ってくる政治家は約束するだけで何もやらない。プロの政治家嫌いがそれだけ蔓延しているってことです。」トランプ氏は高級ホテルもゴルフ場もたくさん持って、夢を実現したすごい人」 これまでなら早々に失速しているはずの「毒舌キャラ」がなぜ受けるのか「(ビジネス界に生きる)トランプ氏は交渉のプロで相手が一番気にしていることを瞬時につかむのがうまい。移民問題であれテロであれ、低所得の白人が仲間内でこぼす不満をそのまま代弁しあえてメディアを騒がせる。自身のテレビ番組も持つエンターテインメント人間でもあり、大衆の反応を熟知している。かつてブッシュ政権のイラク戦争を強く支持していた人は今は政治に絶望している。「金と米国人の命をつぎ込んで、中東が良くなったか? 昨年、記録的な歳入があったのに、政府はそれ以上の金を使った。政治家は金を使うことしか知らない。それなら使うだけでなく稼ぐことも知っているトランプの方がマシでみんな何かやってくれそうだと期待されているようです。その証拠に人気のないブッシュの息子は早々に立候補を取りやめました。もしトランプ氏が大統領になったら日本国民も目を覚ますでしょう。個人的には「オヤジ界の帝王」を貫き腐った政治に終わりを告げる正義の大統領になって欲しい気がします。

« 秀作ばかり | トップページ | 魂の叫び »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秀作ばかり | トップページ | 魂の叫び »