« 人材不足 | トップページ | 人相教室 »

2016年1月30日 (土)

下衆の極み

昨日は甘利大臣関連のニュースばかりでした。
なぜか不思議なことに罠に嵌められて気の毒とか、辞任は潔いとか擁護する人間がおり変な勘違いしている人がたくさんいてガッカリしました。業者から金を貰ったのは事実であり秘書が独断でやった事だと言い逃れしている人間がなんで潔いのか理解できないし何をもってして、気の毒になるのかさっぱりわかりません。特に 気に入らないのは自分の指揮下にある秘書にすべてを転嫁するなど親分として見苦しく卑怯な行為です。言い訳原稿は早口で棒読みですから途中から何言っているのかチンプンカンプンでした。最近 下衆の極みとかよく耳にしますが甘利大臣は言葉のお手本のような人でした。まぁ これから下衆の極みの呪いが身にふりかかるでしょうけど辞任は国民にとって結果オーライのような気がします。

« 人材不足 | トップページ | 人相教室 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 人材不足 | トップページ | 人相教室 »