« 寒い沖縄 | トップページ | ガッツポーズ »

2016年1月26日 (火)

同情論

甘利明大臣は記者会見で週刊文春が報じた金銭授受疑惑をめぐり現金を渡した千葉県の建設業者について「先方は最初から隠し録音をしたり、写真を撮ることを目的とした人たちだ。こちらは慎重になっている」と、述べました。そして身内の高村正彦副総裁は「わなにはめられた」と、同情論がでているようですがこの高村副総裁の発言はどうも論点がズレているようです。同情して欲しいのはこんな金目政治家どもに大切な税金を好き勝手されてる我々納税者なんですけど・・・こんな国民を無視する考え方は自民党だけです。たとえはめられたとしても口利きと現金を受け取ったのが事実なら完全にアウトです。野球なら隠し玉でアウト 誘いに乗ったらサッカーでもレッドカードです。世の中 普段 ま・と・も・に行動していれば相手にはめる意図があったとしてもはめられる事はまずありませんけどネ へば!

« 寒い沖縄 | トップページ | ガッツポーズ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 寒い沖縄 | トップページ | ガッツポーズ »