« 3人目かぁ | トップページ | モーターショー »

2015年11月 8日 (日)

昭和の六本木

再放送でしたが今日のアドマチック天国は「昭和の六本木」でした。
俗称ポンギの防衛庁には千歳基地を挟んで通算10年ほど勤務してましたので青春時代を思い出しました。
最初の頃はバブル全盛期でどこに行っても活気があり景気が良くハデハデな感じで札束が乱ぶ飛びとても刺激的でした。マハラジャの最盛期です。ムッチーは5時になると神宮方面にジョッギングして一風呂浴びてから盛り場を勉強するのが日課でしたので今回紹介されたお店は馴染みばかりでした。人生で一番楽しい時代だったかも知れません。情報部隊だったこともありアメリカ ソ連(ロシア)大使館や星条旗新聞社にも顔出しあちらのクリスマスパーティーに招待されたり異国文化に触れさせてもらいましたがスケールの違いにただ驚くばかりでした。なぜか印象に残っているのはゲート前に映画評論家の小森のおばちゃまのお店があり朝の通勤時には自らホーキでお店の前を清掃していたのが妙に記憶に残っています。因みに水割り一杯が1,000円でした。この手の話はたくさんあるので機会があれば小出しに書きたいと思います。

叙々苑 六本木店  特上カルビ弁当(当時
1,500円)は最高でした。

Img_1

« 3人目かぁ | トップページ | モーターショー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 3人目かぁ | トップページ | モーターショー »