« 適応力 | トップページ | キツネ目 »

2015年9月 1日 (火)

サクラの代紋

あの怖い山口組の分裂騒動が毎日報道されてます。
現役時代 情報部隊に所属したことがあり警視庁や国家公安調査庁には度々お邪魔する機会がありました。その中に捜査4課(マル暴)の刑事さんもおりまして思い出してます。
たまたま先輩が麻雀が好きでメンバーが足りないとムッチーにもお座敷がかかりました。ムッチーも若い時には一人でぶらっと雀荘で打ってたこともあり六本木4丁目後藤花屋ビルの2階にあった「辰巳・タツミ」にはよく通いました。一番最初の時
ビックリしたのは刑事と思われる人は五厘頭でアロハシャツにサングラスですから映画で見るコワオモテな本物の暴力団組員より怖そうでした。つまり「おんどれ、こっちはサクラの代紋やぞ、ワレなんぼのもんじゃい!」と叫ぶのをシノギとしている人でした。そんな感じですからやる前から負けていました。仲間内の話で刑事さんが面白いことを言っていました。「もし暴力団が本当に撲滅しちゃったら、機動隊にでも異動させられ一生冷や飯食わされますから、撲滅しないように懸命に保護してる」と、また国家公安調査庁の人も「我々 ソ連が潰れたらおまんまの食い上げだよ」と、そしてソ連は潰れましたが地下鉄サリン事件でクビがつながったようです。世の中それぞれ持ちつ持たれつだよとの社会を教えてもらいました。ヘバマジな!

« 適応力 | トップページ | キツネ目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 適応力 | トップページ | キツネ目 »