« モグリ | トップページ | 全部うめでー »

2015年3月21日 (土)

シティハンター

いつの間にか都内の駅では昭和の駅の風景の代表だった“伝言板”の姿を見なくなったようです。その理由は携帯電話の普及に伴う利用減が一番で末期にはいたずら書きしか見られなくなり駅舎改装とともに議論もなく消えていったそうです。他にも原宿駅の側にある神宮橋の歩道橋もなくなったようです。昔 防衛庁の情報部隊に所属してた頃ムッチーの親方に弘前の一戸神社にゆかりのある人で神宮のNHK裏に自宅があり官用車で度々送迎する機会があり神宮橋を通る度に看板の文字は俺のおじいちゃん(元陸軍大将)が彫ったと何回も教えてくれたことを思い出しました。親方がガキのころは表参道や原宿は庭だったらしくとても詳しくて竹下通りにはラーメン屋が2軒しかなかったと教わったことがいまでも印象に残っています。都内も懐かしい風景がどんどん少なくなっているようです。シティハンターのムッチーとしては残念な話です。

駅の伝言板
Bkr_150203_10300x225
原宿の駅

140303001

歩道橋
Hodokyo2014_04

神宮橋の看板文字
Images

竹下通り
Pdrm2091

« モグリ | トップページ | 全部うめでー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« モグリ | トップページ | 全部うめでー »