« 仁義なきセリフ | トップページ | 酒の自分史-1 »

2014年12月 3日 (水)

名セリフ

昨日からの強風でうるさくて寝ていられませんでした。 涼しさも本番のようです。この寒さは全国的のようですが今年の冬も堪えそうです。てなワケで熱燗と鍋が恋しい季節になりました。
『仁義なき戦い』の名場面・名セリフのなかで馬のションベンの他に
 

小林旭「昌三、こんなぁ、何年打たれたんな?」
菅原文太「八年と…六月じゃ。間尺に合わん仕事をしたのう」 とか、

 
松方弘樹「おやっさん! アンタはわしらが担ぐことにした神輿じゃないの。神輿が勝手に歩けるゆうなら歩いてみいや、オウ!」

 
北大路欣也「ナカ(刑務所)の暮らしいうたら生き恥さらすような毎日ですけん、生きたムクロで20年待つより、償いに死に花咲かさしてつかぁさい」

小林旭「広島極道はイモかもしれんが、旅の風下にゃあ、いっぺんも立ったことはないんでぇ」
梅宮辰夫「ほうか、ようわかった。おんどれも吐いた唾飲まんとけよ」

映画館から出るときはしっかり文太にかぶれていましたなぁ

« 仁義なきセリフ | トップページ | 酒の自分史-1 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仁義なきセリフ | トップページ | 酒の自分史-1 »