« 若大将 | トップページ | お気の毒 »

2014年10月 6日 (月)

フランス競馬

フランス競馬の世界最高峰レース第93回凱旋(がいせん)門賞(芝2400メートル)は5日パリ郊外のロンシャン競馬場で行われ日本から参戦した3頭はハープスターの6着が最高でした。昔から競馬のビッグレースは時々買っていますがフランス競馬はどこで売っているのか知らないので散財せず助かっています。世界制覇を夢見る日本馬はこれまで通用していませんが人間世界と同じでこの世界にも体力差があるようでな気がしてなりません。予想は簡単ですが当てるのは大変です。現役時代 六本木の防衛庁から千歳に転勤になり草野球仲間が送別会をしてくれたことがありました。「アーアお前も今日でミヤコ落ちかぁ寂しくなるなぁ」と別れを惜しんでくれました。タマには連絡くれよと別れたのにあれから4年間お互いに全く音信不通で忘れていましたがカムバックした休日のある日突然再会なりました。場所は渋谷の場外馬券売り場通りの片隅でした。なんと友人は自衛隊辞めて予想屋稼業に転身していました。驚き 桃の木 山椒の木で人生であの時ほど驚いたことはいまだにありません。本人はいろいろあったのか以前より口数は少なくなっていましたが30分もあれば昔と同じです。スケベ根性丸出しながら最終的に「どうしたら当たるか教えてくれ?」と、聞いたら本人曰く「馬にはそれぞれ個人差があり完歩がそれぞれ違うので歩幅の大きいのが強い」と、話してくれました。つまり一完歩の差が勝負の分かれ目でハロンの上がりタイムが重要だと!それで「よく当たるのと?」聞いたら「俺は予想を売っているだけで当たるとは言っていない」と本音もチラリ見えました。予想はヨソウが一番のようです。

« 若大将 | トップページ | お気の毒 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 若大将 | トップページ | お気の毒 »