« 粘り勝ち | トップページ | 「能代CUP」返上かも »

2014年4月 6日 (日)

茶番劇

阿倍総理がデパートで買い物してるニュースが流れてなんか不信を覚えました。
アベノミクス効果でいかにも景気が回復してるかのような宣伝の茶番劇を見てる気がしてなりません。フクシマ視察では誰が見ても復興が遅れているのに進んでいるとか馬鹿な話を平気でしていたが視察する現場は身内の金魚のフンが指定する場所ばかりでどこかの出来レースと一緒です。だいたい庶民なんか高級なデパートでの買い物なんかしませんしホームグランドは地元のスーパーや個人商店なのにとても現状認識がズレています。こんな調子では全く庶民の生活の痛みなど知るよしもなくお坊ちゃん総理は庶民感覚を持ち合わせていないし分かっていないのです。実際に生活してみると物価は恐ろしいほど上がっています。ガソリンは増税でリッター8円も上がり生活必需品は同じ価格でも中身が小さくなったり少なくなったりしています。一番頭に来るのは増税と一緒に約束した政治家の痛みはいまだに音沙汰なしです。こんな田舎芝居のごまかし政治ばかりでは堪りません。
これからの選挙は本当に我々の暮らしに役立つ政党に投票してもらいたいものです。

« 粘り勝ち | トップページ | 「能代CUP」返上かも »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 粘り勝ち | トップページ | 「能代CUP」返上かも »