« 判定はクロ | トップページ | オーガスタ »

2014年4月10日 (木)

いくらかマシ

昨日は能代市長選挙の立候補予定者による公開討論会が文化会館で開かれ現職で3選を目指す斉藤滋宣氏(61)と、能代市在住でベトナムでIT会社を経営する新人の清水雅史氏(29)の2人が約500人の傍聴者に熱く訴えたようです。楽しみにしてたムッチーは急に野暮用ができ参加できませんでしたが新聞によれば最優先課題として共に地域経済の活性化を挙げたようです。特に、現職の斉藤市長は「地域でも人口減少が進んでいるが、それを最小限に食い止めるためには新しい産業の創出、雇用の確保が必要」だと語ったそうです。確かこの人2006年から8年間現職だったのに今更何言うのかとても無責任な発言に驚いています。これまで無策で結果が出せなかったのに反省もなく他人事のようではとても明日の能代に希望はありません。それならば若い人の可能性に賭けたほうがいくらかマシのような気がします。

能代市の人口(26年3月31日現在)5万7564人
去年より1年間で963人(1・65%)減りこの10年間で人口は7551人(11・60%)も減りました。何とかしなければいけません。

P2p2a_3

« 判定はクロ | トップページ | オーガスタ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 判定はクロ | トップページ | オーガスタ »