« 温泉地 | トップページ | 偉ぶらないおごりのない »

2012年10月10日 (水)

大発見

京都大の山中伸弥教授(50)のノーベル医学生理学賞で盛り上がっている。
人工多能性幹細胞(iPS細胞)とは神様のように難病でもなんでも治ってしまうもので世の中が変わる大発見のようです。特にハゲや薄毛が治ってしまうとは嬉しい話です。競馬の世界でも3冠馬が簡単に再生できるそうです。さて 世の中どうなるんでしょうか? 想像つきません  京都の人間は素晴らしい !      

« 温泉地 | トップページ | 偉ぶらないおごりのない »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 温泉地 | トップページ | 偉ぶらないおごりのない »