« 懲りない男 | トップページ | ミサイル »

2012年3月22日 (木)

宣誓

昨日の甲子園では石巻工業高校のキャプテン阿部翔人君の選手宣誓を聞き感動しました。オリジナルなので宣誓分から暗証まで苦労した様子が伺われ涙が出てきました。どこかの総理大臣の能書きとは大違いで心に響くものがありました。特に野田政権の閣僚達に徹底させたいものです。

宣 誓

東日本大震災から一年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には、苦しくて心の整理がつかず、今も、当時のことや、亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくてつらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けましょう。感動、勇気、そして笑顔を。見せましょう、日本の底力、絆を。我々、高校球児ができること、それは、全力で戦い抜き、最後まで諦めないことです。今、野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々とプレーすることを誓います。

平成24年3月21日

選手代表、宮城県石巻工業高等学校野球部主将、阿部翔人

Hqdefault

« 懲りない男 | トップページ | ミサイル »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 懲りない男 | トップページ | ミサイル »