« DISCO SONG6 | トップページ | 出稼ぎ列車 »

2012年1月14日 (土)

信用できない

ついこの間まで閣僚の人事は適材適所だとホザいていた野田総理がなぜか改造内閣を発表した。
そして人事の目玉が菅内閣の幹事長職で失敗したカチカチ頭の岡田?だと? はあ?本当に民主党の人材不足は深刻のようです。これが消費税増税の最強の布陣だとか?うそ八百並べたマニフェストは放棄したうえにミソつけた人間の再登用とはマトモな人間の考える技ではありません。どうせまた「やるやる詐欺」でしょうから信用したら痛めにあいます。特権は山のようにありながらどの議員も自ら身を切る姿勢もなく自分達の改革は全然進んでないのに増税を「うん」と言う国民はゼロでしょう。馬鹿も休み休みに言ってもらいたいものです。民主党は社会人としての常識や勉強が足りないようですので自衛隊で少し鍛えてもらったらいかがかなぁと真剣に考えているムッチーです。?

« DISCO SONG6 | トップページ | 出稼ぎ列車 »

コメント

「土光敏夫」
昔、土光敏夫さんというめざしの好きな爺がいました。この爺が唱えたのが「増税なき行政改革」。今の内閣の面々には、めざしを食わせましょう。どうしても増税すると言うなら、当然解散総選挙しかないはず。きっと痛い目にあうでしょうね。
「増税原理主義」
それにしてもあれほどまでに「増税増税」というのは、どこかの国の原理主義者に近い。日本で一番のエリート集団というか、日本一狡猾な財務省高官に洗脳されたせいかもしれない。松下政経塾出身と言っても、所詮オーム信者とたいして変わらない。
こんなふうに思っているのは、私だけでしょうか?

すみません。名前を書き忘れました。

何度もすみません。訂正です。
「増税なき財政再建」でした。
30年も前に、土光敏夫が言ったのは
1、政府は行政改革の答申を必ず実行すること。
2、増税なき財政再建を貫くこと。
3、地方の行政改革も同時に進めること。
今でも十分に通じる内容です。この通りやってるのは、大阪と名古屋くらいかな。

あけましておめでとうございます。
先日 土光敏夫さんをテレビでやってましたので見ていました。
ワタシもめざしはお茶漬けのお供としてよく食しますが生活信条はとても真似ができません。とにかく
立派な人だったなぁと感心しています。
長十郎様もそろそろ能代市長に立候補して腐っている役人やとりまきを退治してもらいたいと思っております。そしてワタシを運転手として雇ってください。お願い致します。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« DISCO SONG6 | トップページ | 出稼ぎ列車 »