« 北の宿から | トップページ | メダルは無理 »

2011年11月28日 (月)

信賞必罰

今日は大阪のダブル選挙の話題ばかりでした。
民主党はほとんどの地方選挙で負け続けているのに不思議と
なぜ負けるのかが少しも分かっていないような気がしています。反省や学習力があるとは思いません。クチでは国民第1とほざきながら内容は国民に対する背信行為ばかりです。特に政権を取り、マニフェストの相次ぐ撤回 国民への理解より先に海外でのTPP参加方針 消費税増税には唖然としています。政策がどじょうすくいのザルと同じで出血ばかりしているのに止血しないで輸血(増税)ばかり求めるなんて誰が見ても可笑しい話で馬鹿な大臣ばかりです。
 また 官僚がおかしな仕事ばかりするなら俸給制度を国の経済成長をモノサシにして伸びたらボーナスを増やすとかマイナスだったら減給とか少し出来高を取り入れたリアル方策にしたらいくらかマシになるでしょう。いままでは政策を失敗しても責任なしで許されたが勤務評定のなかに表彰、懲戒項目も取り入れた改正をしたら緊張感のあるいい仕事をするでしょう。信賞必罰は基本です。とにかく知恵を働かせて改革するのが政治家の役目なのに頭にあるのは国民からカネを集めることばかりで少しは真面目にやってもらいたいものです。
これからの選挙は既存政党への不信感がテーマになりますので生き残りが大変になります。何もしない政治家は淘汰されて当然でしょう。

沿岸の「八森ハタハタ」もそろそろです。

Dsc01423

« 北の宿から | トップページ | メダルは無理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北の宿から | トップページ | メダルは無理 »