« 敬われる人 | トップページ | 被災地支援競輪 決勝 »

2011年9月19日 (月)

寝て一畳

事業仕分けで廃止になった公務員宿舎が朝霞に建設中とのことで約束が違うと国民から非難囂々です。復興増税をする前にやることがいっぱいあるのに何考えているんだお怒りはごもっともです。野田総理の親爺さんは習志野駐屯地の自衛官だったそうで少年時代は狭い官舎でご不自由だったのかもしれません。
公務員宿舎予定地売却で1兆円 公務員人件費2割削減及び国会議員定数半減で1兆円計2兆円の予算が浮くそうですから即 実施してもらいたいものです。
また 特別会計から郵政株等の売却で10兆円は軽く出るそうですので早くやるべきでしょう。こんな財政難になった原因は震災ばかりでなく政府の政策失敗によるもので政治家のエラーで国民には何も責任はありません。財務省がおかしいのなら人事制度や天下りの防止対策を急ぐべきで昔から改善は口先ばかり先行のアホ政治家ばかりで勉強が足りません。
ムッチーの2等兵時代は八畳間で2段ベット16人の生活からスタートで起きて半畳 寝て一畳 天下取っても 二合半そんな生活でしたから宿舎は雨風しのげばいいのであって景気よくなってからでも遅くはないかと思います。

20110606214627fdcs

« 敬われる人 | トップページ | 被災地支援競輪 決勝 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 敬われる人 | トップページ | 被災地支援競輪 決勝 »