« 元気でしたか~? | トップページ | ニリンソウ »

2011年5月12日 (木)

八百長防止

大相撲が「技量審査場所」と名前を変えて開催しているようです。
支度部屋に入る前の受付で関取の携帯電話を一人一人預けている様子が映されていました。
八百長防止でしょうがなんとなくワザとらしく滑稽に見えました。
当事者は真剣なのでしょうが見え見えの事を平気でする協会も協会のような気がしてなりません。なんとなく現場との意識や空気にズレがありそうです。残念ながらこれでは再発防止も無理かと心配しています。
「大関 把瑠都」は「遊びの場所みたい」といって協会から厳重注意をいただいたようですが取り組みには懸賞金もないし気合いが入らないのも当然でしょう。無責任に聞えるかも知れないが的を得た表現にも聞こえます。有識者の集まりである改革委員会もいいけど少しファンの意見も取り入れたほうがどうだべ?

« 元気でしたか~? | トップページ | ニリンソウ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 元気でしたか~? | トップページ | ニリンソウ »