« 希望 | トップページ | 大きな節目 »

2011年3月 1日 (火)

つづき

仙台からは夜行列車で上野駅に着きましたが常磐線か東北本線のどちらかに乗ったのですがしっかり忘れました。上野から高崎線で篭原駅行きの電車に乗るのに相当時間がありましたので駅でブラブラしていましたが航空自衛隊の制服は駅員によく似ているらしくお客さんからよく間違いられ苦笑しました。当時は秋田ナマリがひどく標準語が話せませんので逃げ回っていました。それでも引率教官のお陰でなんとか無事に熊谷基地に着き新隊員教育が始まりました。朝から晩まで駆け足 教練 と体力勝負でしたので大変でした。まだ洗濯機のない時代ですので洗濯板でゴシゴシは堪えました。休みはいつも洗濯ばかりしていました。
また 熊谷基地はもともと米軍の施設だったのでトイレは洋式の便器で爆弾落とすのも遮るドアがありませんから慣れるのに時間がかかりました。言葉も面白く煙缶(灰皿)書簡文(手紙)物干場(乾燥室)とかいって軍隊用語は複雑でした。しかし この3ヶ月が人生における貴重な礎になったような気がしてます。つづく

« 希望 | トップページ | 大きな節目 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 希望 | トップページ | 大きな節目 »