« 仕掛け人は処罰なし | トップページ | 少し冒険 »

2010年12月24日 (金)

七面鳥

今夜はクリスマスイブです。
朝から猛吹雪で前が見えませんのでとても外出する気にはなりません。ガキのころアメリカではクリスマスの日に「七面鳥」を食べる習慣があると聞いていたのでどんな味なのか一度は食べてみたいと常々思っておりましたところ都合よく昭和56年
六本木の防衛庁に転勤になりました。情報部隊(旧陸軍中野学校の前身)であったので米軍の「諜報機関 O S I オウ エス アイ」(青山墓地の入口にあるが看板はない)に仕事で出入りするようになりました。当時は2世、3世が多く日本語オーケーですので即友達が出来ました。その友達からイブの日に招待を受けたムッチーはプレゼントをもってワクワクしながら出かけました。賛美歌を歌いシャンパーンの乾杯とプレゼント交換をして異国文化にとまどいながら体が反応していました。そして夢にまで見た「七面鳥」と御対面した時は最高潮に感激したものでした。(流石 米軍は違うなと感心しました。!)
ここはチャンスとばかりダボハゼのごとく「七面鳥」にガッチリ食らいつきました。
当然 腰が抜けるほど美味いモンだと思いこんでいたので一口食べてがっかりすぐトイレに直行したムッチーでした。
なんじゃいこれでは実家のニワトリをシメタほうがよっぽど美味いなぁと思いました。あの事件からアメリカ料理は信用なくノーグッドになった次第です。アメリカ遊牧民族の料理はビーフジャッキーぐらいで☆は1個も上げられません。山椒は小粒で辛く 太い大根辛くない苦い体験でした。
メリークリスマス!

« 仕掛け人は処罰なし | トップページ | 少し冒険 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 仕掛け人は処罰なし | トップページ | 少し冒険 »