« 実りの秋 | トップページ | 秋バテ »

2010年10月 7日 (木)

45年ぶり

Dsc01120

先日45年ぶりで再会した人と呑む機会がありました。
ムッチーが生まれた実家の真ん前が魚屋さんでしたのでその家族とは親せきのようなつき合いで幼なじみの先輩でした。実は
能代工業機械科に進学したのも先輩の影響でなにかと面倒見てもらった恩人でもありました。これまでなぜか会う機会がなかったが母親の看病で帰省していると聞いて懐かしくなり45年振りの再会になったワケです。普通に学校の世話で大会社の東芝に就職したがなんと最後は工場長で立派に定年退職した努力の人でした。仕事に明け暮れたようで昔より少し痩せた感じで企業戦士の印象です。
なんでそんなに頑張れたの?と聞いてみた。
「昔何も不自由なく大事に育てられた人」と「厳しい環境で育った人」とは根性が違うガキのころの暮らしは人格形成にかなり影響がありこれも貧乏のお陰かなぁと話してくれた。能代は死んだ町になっているがやっぱりそうかなぁ?と聞いたら「能代に残っているのはカスばかりで気の利いた人材は外に出て行っているようだ」と分析してくれた。全く同感であった。やっぱり昔から尊敬していた人はフトコロが深く人に優しく魅力的な人間になっていた。幼い頃のムッチーの洞察力に狂いがなく嬉しく充実した楽しい時間でした。

« 実りの秋 | トップページ | 秋バテ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実りの秋 | トップページ | 秋バテ »