« ランチ | トップページ | 負けたー »

2010年6月29日 (火)

不服あり

Dsc01035
       ジュンサイ畑

野球賭博で琴光喜、大嶽親方、時津風親方に厳しい処分案が発表された。
ムッチーも現役時代は人事担当者として懲戒処分をちょっと経験していますので今回の処分には不服があります。次に書いたのは大相撲の懲戒処分と公務員の懲戒処分です。

除   名 - 免   職
解   雇 - 
番付降下 - 降   任
出場停止 - 停   職
減   俸 - 減   給
譴   責 - 戒   告  

懲戒処分
として 訓戒・注意がありますが大相撲の謹慎はどこにもありません。理事長や現役力士の受ける謹慎処分はどんな処分なのか不明なので不服申立したいと思います。
そもそも日本相撲協会の外部有識者による特別調査委員会(座長=伊藤滋・早大特命教授)の立場は、すでに日本相撲協会外部理事であり身内によるこの処分案は出来レースになります。調査はできても懲戒権者ではありませんのでこんなのはなんの効力もありません。
また 文部科学省もクスリとか暴力とか乱れが続いている相撲協会を他人事のように任せっぱなしでは責任逃れの気がします。
これから国民は裁判に参加しなければなりませんがこんな間違った懲戒処分されたんじゃ悪い慣例になります。よく会社組織でも部外監査とは名ばかりでインチキで非合法なことを平気でやっているのが現実です。これでは不正事案を繰り返すばかりでしょう。関係者が懲戒処分について無知ではどうにもなりません。クチでは法令遵守とか聞いたことのある言葉を繰り返すけど意味や中身の知らないことでは困ります。ナマイキですが少し勉強してから対処
して欲しい気がします。

« ランチ | トップページ | 負けたー »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ランチ | トップページ | 負けたー »