« 負けないで | トップページ | 愛国心 »

2010年6月18日 (金)

騒々しい

F0036418_2337353

週刊誌が騒いでから相撲協会が処罰するケースが多くなりました。
まだ 週刊誌が騒いでない事案を抱える役員は夜も眠れそうもありません。
ドラマじゃないけど「早くゲロしたら楽になるゾ」と刑事さんの声が聞こえそうな気がするムッチーです。今回の話題に絡み八百長発生率の高い取り組みを紹介していましたので騒々しく載せてみました。

優勝が絡む力士全取り組み。

昇進が絡む力士の取り組み。

勝ち越しが絡む力士の取り組み。

三賞(殊勲賞・敢闘賞・技能賞)が絡む取り組み。

八百長にも色々種類があり、

「相撲協会公認」や「単独犯」、「部屋ぐるみ」など色々あります。

「公認」…ヒーローを作り上げ、業界の活性化を図るためのインチキ。
     基本的に「物言い」がつかない「バレバレ」の八百長。

「単独」…人知れず「勝星」を売りさばき、生業としている。

「部屋」…部屋の同門が一丸となって特定力士の援護射撃を行う。

« 負けないで | トップページ | 愛国心 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 負けないで | トップページ | 愛国心 »