« 遠藤実先生 | トップページ | みつを »

2008年12月16日 (火)

ダメじゃ コリャ


企業の景況感が大幅に悪化した12月短観の結果を踏まえ、日銀は18、19の両日に開かれる金融政策決定会合に向け、対応策の詰めを急ぐ。海外経済の悪化に伴う輸出や生産の急激な減少で、企業経営は厳しさを増すばかり。政府内には、かつて日銀が採用したゼロ金利や量的緩和政策の復活を期待する声もある。決定会合では、企業の資金調達の円滑化策に加え、10月末に年0.5%から0.3%に下げた政策金利をさらに変更する追加利下げの是非が焦点になりそうだ。 (時事通信) ダメじゃ コリャ
厳しい世の中になりそうです。こんなときは、「ああ 上野駅」

« 遠藤実先生 | トップページ | みつを »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 遠藤実先生 | トップページ | みつを »