« 30年の大会の歴史に幕 | トップページ | 備えあれば憂いなし  »

2008年11月17日 (月)

情けない大学生

Taima1_jpg 今日も大学生が、大麻を吸ったとかで問題になっている。
何考えているんでしょうかとても理解できません麻薬なんて外国からの密輸とばかり思っていたら、ベランダのプランターで簡単に栽培されているとか?驚き桃の木山椒の木です。
相撲の力士、プロテニス、大学の講師の先生と生徒、有名芸能人の息子と多種多様の人達が手を染めている。犯罪を重ねて、その後入院し、退院とともに、また刑務所に戻るパターンです。挙句の果てに人を殺してしまう無責任な生き方は許せません。
学校で勉強したくてもできない人がたくさんいるのに恵まれた環境で堕落している学生は特に情けない。早く目覚めてもらいたいものです。
大麻(総称 あさ)は『大麻取締法』において許可を受けなければ、「栽培」や「所持」することはできません。とのことです。

« 30年の大会の歴史に幕 | トップページ | 備えあれば憂いなし  »

コメント

大麻といえば、全国ニュースにもなりましたが、もう皆さんの記憶からも無くなっているかと思います。当市に隣接する下妻市でポピー祭りが有り、その中に大麻草が混じって咲いていたというもの。自宅でも、水害の翌年、庭に咲いていたことがあります。それだけ、どこにでも種?は有るんでしょう。でも、皆さん絶対いけませんよ!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 30年の大会の歴史に幕 | トップページ | 備えあれば憂いなし  »