« 秋の海 | トップページ | 100周年になった能代駅 »

2008年10月 6日 (月)

1年で4.5回のきりたんぽ会

きりたんぽは、言うまでもなく秋田では重要な米の食べ方だ。太めの串のまわりににご飯をすりこぎなどで練ったものをぎゅっと固め、それこそ囲炉裏の灰に串を刺してこんがりと焼き目をつける。
見て下さい、この秋田の味覚が詰まった一皿を。誰もが郷愁を感じそうな、濃い醤油の香りがただよってきそうなきりたんぽ鍋 「秋田では、1年で4.5回のきりたんぽ会が普通です。」最初の刺身は、「サメですよ!」

                               Img_2844 Img_2902                    Img_2907  20081006063050

« 秋の海 | トップページ | 100周年になった能代駅 »

コメント

(・∀・)ニヤニヤ「きりたんぽ」懐かしいです。
私は、秋田出身で、よく食べていました。
結構、お腹いっぱいなるんですよね。

じゃ~又、どんどん秋田こと書いてくださいね

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の海 | トップページ | 100周年になった能代駅 »