« ちゃんとやれー | トップページ | 2等兵時代の先輩 »

2008年9月27日 (土)

もひとつの道

Kai21 巷では、選挙の話題が賑やかであるが11月2日がクサイらしい。
ムッチーも政治に関心がないわけでないので興味があるし、議員になれたら楽しそうな気がする。仮に立候補した場合のことを考えてみた。
よく言われているのが、地盤(票)、看板(知名度)、鞄(資金)という3バンである。正直ひとつもないので政治家としての素質はアッサリ無理と結論がでた。
しかし3バンだけだろうか?それでは、政治家にもっとも必要で大切なものはナンだろうと考えると高い理想とか政策、あるいは人柄とか行動力などというモノが真っ先に挙がりそうだがムッチーはそんなモノは二の次だと考えている。たとえどんなにりっぱな政策を持っていようと、どんなに人並外れた行動力を持っていようと、選挙で当選しなければ所詮絵に描いた餅でしかなく、なんの役にもたたないのだ一番大切なものは、どれだけ人を惹きつける魅力を持っているかだ。
言い換えれば、どれだけの票を集める事ができるかが一番大切なのだと思う。
人の上に立つ事ができる人というのは、能力とか行動力とは別に、誰でもそういう魅力を持っているもので。それを「カリスマ」と人は呼ぶ。残念ながら、これだけは生まれつき備わっているものなので、いくら努力してもあとからどうにかなるというモノではない。
麻生内閣では、30才そこそこの国務大臣が生まれた。ある人は、周りにしっかりしたブレーンが揃ってさえいれば若さは関係なく大臣が務まるらしい。
ムッチーも新しい職場も1ヶ月になったので、そろそろ先のことを考えてみたが、議員もひとつの道なのかもしれないと思ったりして勘違いをしている?

 

« ちゃんとやれー | トップページ | 2等兵時代の先輩 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちゃんとやれー | トップページ | 2等兵時代の先輩 »