« 農村の風物詩 | トップページ | カミナリのため入院しました。 »

2008年7月14日 (月)

前髪のはなし

Suikab4cf0_2 もし、ムッチーが大分県の学校に勤めていたら、おそらく200万円を借金して、学校長の地位を買っていただろうなと情けないことを考えている今日このごろです。
「チャンスの女神の頭には前髪しかない」と、有名な言葉があります。いつ目の前に現れるかわからない「チャンス」ですから、気付かなかったり、手を出すのをためらったりしているうちに、うっかりつかみ損ねて通り過ぎられてしまったら二度とつかむ事はできないという事で、成功するためには少ないであろうチャンスは逃してはならないという喩えなのですが、そうはいっても、どれがその「チャンス」なのか気がつかない事も少なくないので、こんなことばが言われるんだと思います 。 ・・・という事で、「チャンス」は、いつ、どんな形であなたの目の前に現れるかわかりません。いつも心のレーダーを張り巡らしチャンスを掴みたいものです。まぁ大分県の場合、 不正なことなので問題外かと思いますが・・・
それにしても最近、鏡を見るたびにムッチーの前髪(後髪は前からなし)が寂しくなっており、どうも女神が掴み損ねているような気がしてなりません。

« 農村の風物詩 | トップページ | カミナリのため入院しました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 農村の風物詩 | トップページ | カミナリのため入院しました。 »