« ガソリン炎上 | トップページ | ポップロックに期待 »

2008年5月 2日 (金)

あの人に会いたい

Torasan1 「男はつらいよ」という映画が好きだった。寅さんの映画には、今の世の中から無くなったものが多く描かれている。街並みだけではない。人情、と一言で言うのは易いが、それはなんだろう。優しさ、思いやり、家族の絆・・・どれも生きていくのに必要なものだ。最近寅さんが懐かしくなるときがある。「私、生まれも育ちも葛飾柴又です。帝釈天で産湯を使い、姓は車、名は寅次郎、人呼んでフ-テンの寅と発します。みなさまともどもネオンジャンと高鳴る大東京に仮の住居まかりあります。不思議な縁もちましてたった一人の妹の為に粉骨砕身、売に励もうと思っております。西へ行きましても東へ行きましても、とかく土地土地のお兄いさんお姉えさんにご厄介かけがちなる若造です。以後、見苦しき面体お見知りおかれまして、向後(きょうこう)万端引き立って宜しくお頼み申します。」 かっこいいなぁ! 

« ガソリン炎上 | トップページ | ポップロックに期待 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ガソリン炎上 | トップページ | ポップロックに期待 »