« はまなすの花 | トップページ | そろそろ田植え »

2008年5月 9日 (金)

吉兆のささやき女将

8 船場吉兆が、客が残した料理を使いまわしていたと騒ぎになっている。食品偽装表示で長男にささやきで謝罪言葉を誘導していたあの女将である。
お笑いのタケシから「オモロイ大賞」をいただき辞退された女将であると記憶している。また今回もパクリであった。日頃から従業員をいじめて嫌われていたのでしょう。前回の謝罪では、自分とこで働くパート従業員に責任をなすりつけ、また虚言を弄して責任回避をはかったことで、恥の上塗りをした経緯があっただけにちょっと可笑しいなぁと思っていたが残念ながら船場吉兆の偽装精神はまだ生きていたことになる。きっとゴミ収集の人たちも「ここの料亭は他よりやけにゴミが少ないなあ」と感じたことでしょう。とにかく主婦感覚での商売は通用しないことは確かなようです。「身から出たさび」とは言え世間は許してくれません。名前や値段は一流でも経営陣のなかでマトモな感覚の人が足りないと結論はこうなるよと教えてくれているような気がする。

   

« はまなすの花 | トップページ | そろそろ田植え »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« はまなすの花 | トップページ | そろそろ田植え »