« 健康 | トップページ | 川柳ベストテン »

2008年2月 4日 (月)

餃子事件は無策のツケ

「中国製餃子で食中毒」から「毒入りギョーザ事件」になった。
今回の事件は、多分、中国の工場の雇用関係に不満を持つ一部の労働者が起こした“事件”なのだろうが、日本政府が「食糧の安全保障」に無責任であることが一番の原因のようだ。これまで前任者達の「無策のツケ」を一身に払っている舛添厚労相はまことにお気の毒である。なんとか踏ん張って欲しいものである。戦犯として「森 小泉 安倍 福田内閣」があげられる。昔なら絞首刑である。
今は雪に埋もれている能代平野であるが、失敗した農業政策の現場を撮ってきたのでよく見て反省してもらいたいと思う。山並みは世界遺産の白神山地で煙突は東北電力の火力発電所です。

« 健康 | トップページ | 川柳ベストテン »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 健康 | トップページ | 川柳ベストテン »