« お年玉で焼き肉! | トップページ | 気温3度 晴れ ハタハタの町 »

2008年1月 7日 (月)

春の七草

今日は正月7日。七草。年始の休日が長いところは今日から仕事始めの会社がほとんどだと思う。兵隊時代は非常呼集訓練からの始動が多かった。ゆるんでいた身体がシャンとして正月気分も吹き飛んだ気がした。いまでは懐かしくなった。
1月7日の朝に七草粥を食べる風習があります。「せり なずな ごぎょう はこべら ほとけのざ すずな すずしろ これぞ 七草」と古くから歌われてきた春の七草です。
春の七草の由来
平安時代からこの習慣があったようです。平安時代に書かれた清少納言の「枕草子」には、”七日の若菜、六日、人の持て来……”という一文があります。正月6日から7日にかけての行事で6日の夜はヒイラギなどの刺のある木の枝や、蟹のはさみのようなとがったものを戸口にはさんで邪霊を払い、七草叩きといって、唱えごとをしながら七草を包丁でたたき、粥を炊き込みます。7日の朝、歳神に供えてから家族で食べると万病を払うとされていました。正月のごちそうで弱り気味の胃を休めるという知恵から始まったという説もあります。
七草粥を食べて元気に暮らしましょう。
     春一番デス。

« お年玉で焼き肉! | トップページ | 気温3度 晴れ ハタハタの町 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お年玉で焼き肉! | トップページ | 気温3度 晴れ ハタハタの町 »