« この冬一番の寒さ | トップページ | 3位以内は絶望的 »

2007年11月26日 (月)

方程式

Go7k04231 昨日 松本清張の「点と線」のドラマを二日間全部見た。「天才 北野 武」の演技も良かったが内容も面白かった。なぜか最後の場面は時の人で話題の人「額賀財務相」をイメージしてしまった。非常にタイムリーでリアルな番組だった。世の中に「ばれる嘘とばれない嘘がある」とか、「一度うそをつくと、100年間うそを通さないといけない」という言葉もあるが高い地位にある人が、とぼけたように「嘘」をつくのをみていると情けなくなるのはオレだけではないと思う。うその必要のない我々正直者は、高い地位につけないような方程式でもあるのでしょう。とても理解できません。毎日防衛庁関係の不祥事が生々しく登場しているが捜査が進めば時間の問題でしょう。どうせ「バレル嘘なら」早めに白状した方が楽になって身体にいいと思うのだが、いろいろと内部事情があるのでしょう。この際たくさんウミをだして方程式を変えてもらい本当のいい社会になることを期待したい。

« この冬一番の寒さ | トップページ | 3位以内は絶望的 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« この冬一番の寒さ | トップページ | 3位以内は絶望的 »