« 方程式 | トップページ | 面白いリンゴ »

2007年11月26日 (月)

3位以内は絶望的

Img_1024_2バレーボールワールドカップ(W杯)男子大会は第7日の26日、日本はプエルトリコに0-3のストレートで敗れて4敗目となり、北京五輪出場権が与えられる3位以内は絶望的となった。決して弱いチームじゃないけど残念だ。オレなりに感じたことを述べると選手の顔つきや目つきが勝負する顔になっていない。髪型もボーズアタマがいなく精悍さがないように感じて余分なもんに神経がいってる感じがあり威圧感がどう見ても足りない。勝ちたい気持ちがなにも伝わってこないような気がしてならない。バレーボールの戦略や選手のチカラは監督が一番知っていると思うが勝負に対する気迫がないから勝負の女神がアッチにいってしまうような気がする。なぜか勝負以前の問題が問題だ。?それにしても作戦タイムや選手交代が多いルールで昔にくらべて緊張感を感じない。昔 世界一になった時の監督は素人にも必死さがビリビリしびれるほどで理解できた。いい人いないかなぁ  写真は今日のお昼「魚定食800円」です。

« 方程式 | トップページ | 面白いリンゴ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 方程式 | トップページ | 面白いリンゴ »