« 貧乏が十八番 オハコ | トップページ | さわやかな旋風 »

2007年7月12日 (木)

バケツに穴!

Cg_blog_0042 消えた年金問題や閣僚の相次ぐ不祥事で、支持率が急落している安倍内閣を「ザルより悪くバケツに穴があいているような赤点内閣」だと誰かが酷評していた。実にタイムリーでうまい表現だと感心した。先日のニュースステーションに古館一郎キャスターが安倍首相に消費税を上げるんですか?と迫ったり年金の問題の核心部分を質問していたが全然答になってなかった。こんなことはあり得ないことだが、安倍首相を仮に勤務評定をした場合、やはり「国民の体温」を感じていない苦労知らずのお坊ちゃんのような気がしてならない。この面談を人事担当者として評価した場合の私の結論である。こんど国政選挙があるけどもうだいたい勝負は決まったような気がする。政党はどっちでもいいけど国民の納得できる政治を期待したいものだ。しかし最近のマスコミは面白い。

« 貧乏が十八番 オハコ | トップページ | さわやかな旋風 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 貧乏が十八番 オハコ | トップページ | さわやかな旋風 »