« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月の記事

2007年5月31日 (木)

馬い話?

Jraaniatari_1 ここだけの馬い話です。この度サンスポとエイトグループが「ウマニティ」という競馬予想のサイトを新装オープンしました。すごいサイトですよ。お小遣い欲しい人、仕事したくない人、ぜへ立ち寄って見て下さい。無料登録するだけでフトコロがユタカになります。この間のダービーは素人予想2人が的中しています。他に日本一になったトップアマチェア予想の情報が無料で見られます。これ。現在「β版運用」ということで、まだまだ使い勝手もよくなりそうですし、とりあえず無料登録してどうぞ楽しんでみては如何でしょうか?え.この情報は当然無料です。ホント!

2007年5月30日 (水)

ザードのボーカル 負けないで!

スポーツ新聞では、現職大臣より大きな見出しでした。ご冥福お祈りいたします。

2007年5月28日 (月)

ピーナッツ

情熱の花

ごめんなさい

Decomeru_image3_3 少し前、このプログで「ナントカ還元水」の記事を書いたことがあったがその現職大臣が自殺したニュースにびっくりした。大臣にもなったらお国のために死にものぐるいで働いて欲しいものだが。62歳で死に急ぐこともないと思うがなぜ一言「ごめんなさい」と国民に謝れなかったのだろうか。酷な言い方だが、人間は産まれながらに多少の問題は背負っている。とても弱い大臣だったのだろうか?それにしても安倍首相のリーダーシップも疑問が残った。いろんな問題があったにせよ。国民に正直に悪いことは悪かったと「ごめんなさい」と素直に謝ることが出来なかったのか。死んで謝ってもだれも喜ばない。頭を下げて悠々と生きている大臣は他にもたくさんいるのに。死を選んで尊敬されることはないと思うがとても残念だ!

2007年5月25日 (金)

馬 仲間

Pic_mainvidsual_10 27日の日本ダービーの枠順が発表された。競馬仲間で名人の「正雄」氏に電話で聞いたが今回のダービーは「フサイチホウオー号」で堅いとのことだったので2.3着探しの3連単が良さそうだ。その昔千歳にいる時だったが、東京にいる「正雄」氏が「サクラチヨノオー号」から買えとアドバイスされ1万円の馬券が当たった記憶がある。確か帯封になりあれ以来競馬の神様として祭り、いつもダービーの予想を聞くようにしている。いまでもかなりの確率で当たる。と.言うわけで夢よもう一度名人の「正雄」氏の予想に乗ってみた。
本命は◎15 フサイチホウオー
     ○  3 ウオッカ
          ×17 ヴクトリー
          △14 アドマイヤオーラ
     △12 サンツェペリン
     △ 1 タスカータソルテ これがきたら東北一周の旅にでる! 

またまた大穴でした。16番は買えなかった。残念!

マンブリOB

Golf023_2昨日は能代カントリークラブで「シニアゴルフ大会」がありました。参加資格は60才以上かと思っていたので関係ないと意識してなかったが友人の「山田さん」から電話をいただき勘違いとわかり予定を変更して出場してきました。お天気もよく喜んで参加しましたがどうにも様子がおかしい、駐車場には車が少なく、練習グリーンにも人がパラパラと人の気配がなく、どうやら参加者が少ないので人数あわせの為に声かけられた感じでした。(苦笑)それでも全員で36名の参加者でした。生まれてこの方ベストグロス賞なるものにエンがなく年寄りばかりのメンバーならチャンスあるかなぁと甘い考えでいたらとんでもない人と一緒でした。居酒屋を経営する「田村」さんはドライバー300ヤードも飛ばし(びっくりの連続)小技も冴えてオレとはハンディ10以上違いました。昼飯時に話を聞いたら先日の秋田県アマチェア選手権予選で19位に入った強者で スコアこそ「82」点と叩いたが見事ベストグロス賞(ドラコン賞も)でした。(まるで半分プロです。)それを知らずにOUTはOBを1発打ちつつも、堪えてなんとか「42」点となんとかついていけましたが、午後の10番でいきなりOBを連発し堪える暇も無くあっさりと撃沈。「46」点というスコアになってしまった。狭いコースでも、無難に打てる技術とマメジメントが足りなさ過ぎると反省した。またドライバーでの「マンブリOB」チカラが抜けきらず相変わらず進歩のない懲りないゴルフでした(とにかくチカラが入る日でした。)。オレの場合は技術よりも精神面の強化が急務のようです。

2007年5月22日 (火)

2007年 オレのスイング

あんまり天気がいいので。大館・能代空港に行ってきました。流石に「ローカル空港」視界に飛行機が全然映りません。赤字路線を納得しました。さて、先日約束のゴルフスイングのコツの件です。2007年のオレは今更ながらスイング改造中です。マイナチェンジじゃなくしかもフルモデルチェンジです。部分的には目下アドレスから始動、トップ、ダウンスイング、精神と全部です。つまり「ベン・ホーガン」の「モダン・ゴルフ」の理論です。「オンプレーン」とは、アドレスの姿勢をとり「首の付け根とボールを結んで、その角度に沿った平面を自分の前にイメージし、スイング中の腕は、その平面に沿っているかその下にあり、上に突き破ってはいけない」状態です。クラブはアドレスからトップオブスイング、そしてインパクト周辺まで「レイドオフ」(後方からみてクラブヘッドが飛球線より左側にある状態) になっていなければならないことです。そして「上げて下ろす」無理しないスイングこれができれば完璧です。目から鱗がたくさんでても責任もてませんヨ。Img_0826_2 Img_0828_2 Img_0829_2Img_0827 Img_0830 Img_0833

2007年5月21日 (月)

アマチュア 石川 遼 君 優勝!

2007052005251613jijpspothum001small

男子ゴルフ界に待望のニューヒーローが誕生した。ツアー初出場の15歳8カ月のアマチュア石川遼(東京・杉並学院高1年)が世界最年少でツアー優勝を果たした。初日が悪天候で中止になったため、この日は36ホールの決勝ラウンド(R)を実施。首位と7打差23位だった石川は、第3Rを69で回って9位に浮上すると、最終Rで66の猛チャージ。通算12アンダーで栄冠を勝ち取った。300ヤードの飛距離とさわやかな笑顔を持つ無名の少年が、ゴルフ界を揺るがす快挙を成し遂げた。高校生アマチュア選手が大人のプロを制して優勝した。若者らしい素晴らしい話題だ。ゴルフはスポーツの面と遊びの面がある。スポーツとして捉えると技術力が同じレベルなら、なんと言っても集中力が勝る人が良いスコアをだす。集中力だけを捉えるならば若者に軍配が上がる。多くの男子プロが高校生のアマチュア選手に負けたことで「ふがいないプロ」という記事もある。書いた人は、集中力の違いがを知らない人かも知れない。しかし、スゴイ若者がいたものだ。
オレは15年以上もやっているがいつも集中力が足りないのかもしれない。たまげた話でした。今日は応援している横峯さくらが通算7アンダーで今季初優勝を飾ったが石川君には、とてもかなわない。

2007年5月20日 (日)

男前の予想

Pic_mainvidsual_9 オークスです。最近自分の予想が不調なので、ある名人の「男前予想」に乗ってみました。
12◎ラブカーナ  5 ○ミンティエアー    11▲カタマチボタン
7 △ベッラレイア  ( 2番をこっそり内緒で直前追加しました。当たりました。)1/4帯になりました。

2007年5月18日 (金)

若いときの寅ちゃん

故郷は葛飾柴又です。

2007年5月16日 (水)

上げて下ろす

New_pa11 インターネットの調子が悪いんでなんかおかしいと思い、電源切ったり、接続等点検したりいろんな真似してたら、テレビのニュースで全国的におかしいと話していたので「ナーンダ」すぐチェックを止めた。少し取り越し苦労しただけだった。「なんて人騒がせな」この場合どこからか保証なんてあるのかしら心配です。おかげで記事を忘れてしまいました。さて、昭和60年に赤坂から千歳に転勤し大好きな「草野球」から「ゴルフ」に転向して22年間試行錯誤を繰り返したゴルフスイングだったがこの度、「上げて下ろす」スイング軌道を理解することが出来ました。たったこれだけの「シンプルスイング」を覚えるのに22年もかかりました。とても奥の深いスポーツです。(オレだけかも?) 時間がかかったけど完璧に理解出来ました。しかし今までの開眼の日々はなんだったのでしょうか?これも還暦ゴルファー古市忠夫さんの著書「ゴルフはこころの格闘技」のお陰でした。この本の一番最後の言葉「カネや信用を失うことは、小さいこと。しかし勇気を失うことは、すべてを失うこと。勇気を生み出す(積極的な心)と(感謝の心)で人生の道のりも、ゴルフの道のりも、さらに豊に歩いて行きましょう!」と素晴らしい言葉に刺激されました。以前から正しく知りたかった。「上げて下ろす」シンプルスイングは意外と正しく理解している人はいなかったので「昔の本」を探し説明書を読み積極的な心で挑戦しました。3日練習場に通い難しかったが完璧に覚えました。17日にホワイトホースのコンペがあり成果を報告したいと思います。とても楽しみです。コツはアトデ公開します。ウソ!

2007年5月14日 (月)

大利根無情

三波春夫のいい声

2007年5月13日 (日)

やさしい気持ち

2000101423_1 今日は母の日です。いつから「母の日」って出来たのか記憶にありません。ハハの日の今日は競馬でゾロ目のハチハチを買いましたがニイニイでゾロ目違いでした。しかし100円で200百万円のびっくり配当になりカスリもしません、しばらく競馬を止めようと思いました。オレは親不幸ばかりしているもんだから競馬の神様が面倒みてくれないのでしょう。次の「お盆」の墓参りには少し奮発して見映えの「いい花」でもあげてきたいと思います。先日近所のおばちゃんと40年ぶりに再会しましたが80を過ぎて、随分と萎んだおばちゃんが自分のお袋とダブってしまい、生きていたらなんかプレゼントしてあげれたのになぁとシミジミしました。「母の日」は気持ちをどうやら優しくしてくれる日のようです。

ジュンサイ摘み

Jyunsai 特産のジュンサイの摘み取りが始まった。三種町山本地区にはジュンサイの畑?が、たくさんある。なぜ山の中に「沼や池」があるんだろうかと最初は不思議に思っていたが、この辺は地下水が豊富にあるので栽培が可能で水も循環出来るそうだ。今年は春になっても低温の日が多く、まだ収穫量は少ないらしいが、おばさん達たちが小舟に乗って手摘みする姿は、早くも初夏の気配を感じさせ田舎の風物詩となり、とても絵になり眺めが素晴らしい! オレはジュンサイの「みそ汁」が大好きです。

北の国から 秘密

名曲「北の国から」

万券で帯だ?

東京11レース ヴィクトリアマイル
前々走楽に抜けだし33秒台の末足で快勝。 ディアデラノビアを狙う。
馬券はカワカミとの1点でいきたい。 馬単・馬連・ワイド 2-6が勝負馬券。

◎ 2 ディアデラノビア
○ 6 カワカミプリンセス

△ 15 サンレイジャスパー
△ 10 アグネスラズベリ
△ 16 デアリングハート
△ 17 ジョリーダンス
△ 18 ビーナスライン
正解は、前川 清のコイウタ でした。残念!
4-3-16で2百万の大波乱です。今年はとれないなぁ!

2007年5月11日 (金)

山田久志 球場

Ericaveucuaacq

地元新聞に「能代球場愛称、山田久志球場」にと見出しが載っていた。「山田久志球場(サブマリンスタジアム)」になるようだ。実は第4小学校時代久志先輩の家と近所だったので学校終わったら毎日「手打ち野球や△ベース」でよく遊んだ、高校卒業するまで銭湯とか通学バスも一緒で親しくさせてもらったのでよく知っている。「ウマが合う」ほうだった。プロで活躍してからは疎遠になったがオレのこともよく知っていてくれていると思うが何しろ今じゃ日本を代表する大投手になったので流石に敷居が高くて遠慮するようになったが、オレとしては彼の栄光に多少影響を与えたのでないかと自負している。彼の出世はオレ達凡人の自慢になっているのでさらに発展してもらいたいと願っている。ただ応援するだけです。

俺のルーツは樺太?

Karamap 俺の親は、もうこの世にいないが、戦争終わった翌年の昭和21年「樺太の敷香」から引き揚げてきて、函館から能代へと住みついたらしいが、なにぶん生まれてなかったし貧乏時代の話は親もあまり語らなかったので詳しくないが両親も秋田が生まれ故郷であるので、この地に対する愛着は強い方だと思う。きのう、能代市豊祥岱にある市営住宅(引き揚げ住宅とも云われた。)の隣近所だったメンバーが実家(現在能代市田子向)に集まり懐かしい昔話に花が咲いた。みなさん80才前後と高齢になっていたが不思議と時間の空白は感じなかったし面白かった。ガキのころはよく叱かってくれた人もおり、俺はこの人達から育てられたんだなぁと思った。特に面白かったのは樺太引き揚げ船撃沈事件の話でちょっと間違えばオレなんかこの世にいなかったのだ!
◇樺太引き揚げ船撃沈事件
 「小笠原丸」(約730人)▽「第二新興丸」(約3600人)▽「泰東丸」(約780人)は45年8月22日、樺太住民を北海道へ緊急輸送中に潜水艦の攻撃を受け、第二新興丸以外の2隻が沈没。死者は3隻で推定1708人。
これは、昭和20年の話なので昭和21年は次の年になり波瀾万丈の時代で今思えば空恐ろしい。たくさんの物語とたくさんの映画が出来そうな気がするが大変な時代だったとご先祖様に感謝を忘れてはいけないと思った。


(注:西暦から単純に25年マイナスすると昭和が分かります。例1945-25
=1920下二桁をとって昭和20年となる。)

 

2007年5月10日 (木)

すみちゃんと若大将

君といつまでも 加山雄三 兄貴の出世作

ケシカラン

Taue やっと暖かくなってきた。日課の散歩では道路端に花がいっぱい咲いており興味深く飽きない。 いつの間にか田んぼに水が張っていた。田植えの時期を迎えた。今日は、飲み友達も水を張った田んぼの中でトラクターを操っていた。田植えをする人にとって水は大切だ。われわれ毎日ご飯を食べている人間は、このような苦労は知らないで食べている。何でも製造現場を見ないとわからないことがある。お国の国土交通省は、大阪で起きたジェットコースターの事故が起きた結果を見て「ケシカラン」と言っている。「ケシカラン」と言うのであれば、なぜ事前に見に行かなかったのかいつものことだが安全管理を事前に確認したことはないハズだ。管理責任は遊園地だけではないと思う。役人はエライがよく「お役所仕事」と云って、指導が後手後手のくせにいつも「ケシカラン」と「うどん屋の釜=湯だけ」今回も見本のような話だ。安全管理は不十分ではあったが。「現場を見ずして言うなかれ」行政の指導責任もある。モト公務員としては十分理解出来る。なんか一方通行でかみ合っていない気がするが?

2007年5月 9日 (水)

思い出の曲「北空港」

平成元年4月に千歳から六本木に転勤となりその日の歓迎会で歌った思い出の曲です。当時「大館・能代空港」はまだなくて北空港は千歳のことでした。

2007年5月 8日 (火)

航空自衛隊でセクハラ事件

Kesu21 北海道内の航空自衛隊施設に勤務する女性隊員が、同僚の男性隊員からセクハラ行為を受けた上、相談した男性上司からも退職を迫られるなどし精神的苦痛を受けたとして、国を相手に慰謝料など約1100万円を求める訴訟を8日、札幌地裁に起こした。 訴状によると、女性隊員は航空自衛隊の北部航空警戒管制団第四五警戒群(北海道当別町)に勤務していた昨年9月、夜勤中の男性隊員(32)に呼び出され、ボイラー事務室で体を触られるなどのセクハラ被害を受けた。女性隊員は被害を男性上司に相談したが、外出許可を受けられなくなり、退職願を出すよう迫られた。 航空自衛隊の警務隊は今年2月末、女性隊員の被害届を正式受理した。(Yahoo!ニュース 引用 )
自分が現役時代に「シャバである出来事は自衛隊でもあると」自覚していたがこれも「氷山の一角」のような気がする。階級社会は特に、この手の事件は発覚しづらいと思っていたので注目していきたい。

2007年5月 7日 (月)

ジェットコースター

7277_pc_m 大型連休と言われたGWもあと一日と残り少なくなって大阪の遊園地で大事故があった。事故があればそれなりに原因があるもので、基本を守って安全を確認していれば防げたことだと思うがそれができないので事故になった。こんなパターンを何回繰り返したら安全な社会になるのだろうか。安全点検に「ゼニ」をケチッタために起きた事故のような気がする。日本社会の風習として、「水と安全(平和)」はタダのような錯覚がある。そうではないことを認識しなければならない。これからまた都会に向かっての帰省ラッシュが始まる。安全点検を忘れず事故がないことを祈りたい。

2007年5月 5日 (土)

越後の雪椿

私のカラオケ一番人気です。小林幸子の雪椿

2007年5月 4日 (金)

秋田音頭

秋田県 角館町出身 藤あや子の秋田音頭

懐かしいテレサ・テン

恋しい テレサ・テンで空港

2007年5月 3日 (木)

狭山茶と八十八夜

Topitem01 プログを知らない時は、はっきり言って花とか季節とかは、ほとんど「アッシには関係のないことで・・」あったが、変われば変わるモンだ。今日は八十八夜。春から夏に移る節目の日、夏への準備をする決まりの日、縁起のいい日とされてきました。八十八夜のお茶は、無病息災の縁起物として重宝されていると、新聞のコラムに書いてあった。「元気は自分がつくるもの」と誰かのホームページに書いている。ナルホド感心した。狭山茶の本場入間市に通算一五年も住んでたのに全然関心なかった自分が恥ずかしいと思いました。今日はゆっくりお茶でも飲みながら反省して美味しい狭山茶で茶摘み唄でも歌いましょう。
♪♪♪色は静岡 香りは宇治よ 味は狭山でとどめさす♪♪♪

花曇り7日

720 ゴールデン.ウィークなのにどこにもでかける予定がありません。桜の花も散りかけていますがどうもこの季節は曇りが多くお天気はパットしません。「花曇り七日」とか云うそうです。自然とゴルフの練習です。ゴルフ仲間も少ないので打ちっ放しで研究しています。こちらのゴルフ場はお客さんはいつもポツリポツリと貸し切り状態でいつ潰れるのかよけいな心配をしてしまいます。今日はいい教材がありましたので紹介します。「井上 透のゴルフレッスン」クリックして見て下さい。

2007年5月 2日 (水)

昨日は送別会

Img_0024 郵政民営化の波が我が家にもやってきた。22年間続いた田子向簡易郵便局も5月から新しい人にバトンタッチした。送別会の席上で、能代郵便局長や総務課長の話を聞いていると国鉄と同じ道を歩むような気がした。当然営業成績が上がらなければツブされる運命であり今はひたすら世論の動向を気にしているだけで光は見えなかった。いずれは消えていくのであれば早いほうが措置がしやすいのだからこの機会が妥当のような気がする。いずれにしても郵政民営化が引き金になったものだと思う。「美しい日本」より「安心、安全な日本」の構築が大切だと思うけどオレは日本のこれからが心配です。

2007年5月 1日 (火)

世間智(せけんち)

Img_0811ありがたいと思う気持ちを相手に伝える場合、ありがとう、と一言述べて頭を下げれば、で通じるかというと、全く通じないことがあります。それどころか、かえって反感を持たれてしまう時がある。あいつは人の好意がわからぬ、と相手にされなくなります。 言葉は、あくまで言葉です。言葉に菓子折りの一つも添えると、誠意ということになります。  そんなばかな、と息巻いても、実際そうなのだから仕方ありません。大方の人は菓子折りの威力を先刻承知で、そのようにしています。常識というより、世間智(せけんち)、でしょうか。世過ぎのコツでもあります。「悪意」ではなく配慮に欠ける人は、相手から抗議されて初めて自分の非常識に気づくものらしいです。このようなことは勉強しないと覚えないものかもしれません?最近気になります人とのお付き合いの難しさが!

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »