« 能代港 | トップページ | 月給13万円 »

2007年3月20日 (火)

明日は彼岸

Hou110お彼岸とは・・・
 「暑さ寒さも彼岸まで」といわれるようにお彼岸は季節のくぎりであります。春分・秋分の日が、太陽が真東から上がって真西に沈むことから、西方極楽浄土の信仰と結びついた日本独自の仏教行事です。昔から、お彼岸にはご先祖の供養のために、お墓参りをする風習があります。昔から、『暑さ寒さも彼岸まで』という言葉の意味はわかりませんが、ここにきての寒さ3月になり日本海側の大雪ですから、天気は気まぐれの実感です。2月の後半から3月にはいってすぐの暖かさは、どこに行ってしまったのかと首を傾げ炊くなります。もっとも、この寒さは、サクラにとって必要なのだそうで暖かすぎてもサクラは早く咲かないといいます。それなりに寒さを体感しないと咲くのを忘れるようなことを聞きました。それでまた暑さ寒さ~を今日もつぶやいてブツブツ。冬の寒さから開放されたかった雪国の暮らしから生まれた言葉なのでしょうか?ということで気分の区切りのため明日は墓参りをすることになりました。

« 能代港 | トップページ | 月給13万円 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 能代港 | トップページ | 月給13万円 »