« 九州場所 | トップページ | 藤原紀香 »

2006年11月17日 (金)

母親の凶行

今年になって児童の殺害事件が2件秋田県内で起きた。とても全国的に目立つ事件で県民としてはとても恥ずかしい事だと思う。?専門的なことはよく知らないけど有識者が騒ぐんだから本当なんでしょう出来の悪さと質の悪さ過疎地には有能な人はいらない判断だから。私も埼玉の都会からUターンして気がついたことがあった。まず商売やっている客の応対が横柄でどちらが客か判断つかないほど教育がほどこされていない。マナー教育がゼロで平然として誰も注意する人がいない(近くの経営者も)点とかが気になっていた。私も公務員として採用、面接業務を数年間かじってきたのでこの2年間で自分なりに及第点を出せる人は何人もいないと思った。原因は厳しい風土や環境にあるのかいろいろ考えたがやはり「社会常識」や「躾教育」が遅れて勉強する機会がないのだと思う。理性がなければ動物と同じで弱者の被害は増える一方で社会の責任は重いこのままじゃ犯罪大国になってしまう有識者の的確な指導が必要だが?しかし指導する社会が痛んでいるとどうにもならない「アドリブがきかない社会は応用がきかない」今後庶民の楽しみは痛烈に批判をうけた県警の人事異動くらいか!

Omawarisan 060401033

« 九州場所 | トップページ | 藤原紀香 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 九州場所 | トップページ | 藤原紀香 »